PC・ソフトウェア関連や、旅行・留学の記録を綴った備忘録

台湾短期研究留学7 博士課程は実質何年?

日本の大学では、博士課程は通常3~6年とされており、文系は6年くらい行く人も多いと聞きますが、理系は多くが3-4年の印象を受けます。私も3年で出たいなぁと思いながら研究をしています。
 
そんなことを台湾の友人と話していたところ、彼は非常に驚いていました。台湾では博士課程を卒業するのに5-6年かかるのは普通で、卒業する頃には普通30歳になっているようです。ただ、理由はわかりません。もっと聞いておけばよかったと反省しています。
 
昔からそういうもの、なのか、政府や大学から学費や住居費をもらって生きていけるからなのか、わかりません。ただ、博士学生の自殺も多いのだそう。まぁ日本の大学も現教授が学生だった頃は非常におおらかで5-6年の人は多かったということなので、あまり変わらないんですかね。んん、真相はわからない。