PC・ソフトウェア関連や、旅行・留学の記録を綴った備忘録

結婚して博士学生になって。お金のこと。

仕事を辞めて学生になることで心配なのは、何と言ってもお金です。仕事を辞める段階で300万貯めました。それから受験や入学金で30万くらい、PCを買って10万、交通費で5万くらい、入学までに使いました。なので、スタートは250万くらい。
 

収入

・学振

博士の学生でまず欲しいのは学振(特別研究員)で、通れば月20万のお金がもらえます。私はD2にしてやっと通ったので、D3から2年間もらえます。
 

・RA、 TA、謝金

研究室や大学で学部生向けの授業の補助をすることができます。なるべく、先生方に仕事くださいと言っていたので、D1, D2は平均して月4-5万くらいもらえています。
 

奨学金

日本学生支援機構から第1種奨学金をもらっており、博士学生は月額8万もしくは12万もらうことができます。(もらうと言っても、返済する必要ありますが。)私は12万にしたかったですが、色々はしがらみで8万円もらっています。(絶対12万の方がいいでしょ。)ただ、卒業時、もしくは奨学金辞退時(学振に通った場合)に返済免除に申請することができます。優秀な成績を残す必要がありますが、通れば半額・全額免除になりますので、現在これを目指しています。大学内での推薦が必要なので、その大学内で上位の成績を残す必要があります。大学によっては、通りやすい、通りにくいあるかもしれません。
 
 

・バイト

私はほとんどしてませんでした。短期でイベントのお手伝いをしたり、研究所から仕事をもらうくらいでした。
 
 

出費

・学費

授業料が年間50万程度、入学金が28万程度。成績や財政状況によっては免除になることもある。
 

・税金

普通なら結構かかるのが税金ですが、私は妻の扶養に入っているので(収入が年50万くらいなので)、基本的に国民年金、健康保険料、社会保険料などは払わずに済んでいます。嫁さんに感謝です。ただし、住民税のみD1の時に前年分のを払う必要があったので、40万弱支払いました。イタイ。。。会社を辞める人は注意。
下記参照。
 

・住居、固定費、食費

二人暮しで家賃は7万程度、電気ガス水道で8000円くらい、携帯が12000円くらい。早いとこ、携帯を格安SIMにしたいのだが、色々あってそれができず、この状況。なんとか説得して、格安SIMにしたい。。。