PC・ソフトウェア関連や、旅行・留学の記録を綴った備忘録

切迫流産とは?

妻の妊娠に伴い、妻から切迫流産というものを教わった。一言で言うと、胎児がいつ流れてしまってもおかしくない状態で、妊婦は絶対安静でトイレくらいしか一切動いてはいけない状況、のことらしい。
 
定期検診で診断されたり、出血や腹痛、お腹の張りのため病院で診断されるようだ。このような症状が会った時は注意である。診断された場合は、一切動いてはいけない。安静にしていれば流産を回避できることもあるようなので、できるだけ安静にしていなければならない。
 
家で絶対安静の場合もあれば、病院で入院して絶対安静することがある。12~22週くらいで起こりやすく、原因は多々ある。某サイトの統計では現代の女性の15%程度が切迫流産になるらしく、また某サイトによれば特に看護師の切迫流産率がとても高く30%程度に至ると言う。
 
もしもの時のために、旦那も切迫流産を知らないではいられない。あまり浸透しているようには思えないが、切迫流産になる妊婦は昔に比べ増えているようなので、旦那の理解が必要らしい。食事、掃除、トイレの手伝いなどだけでなく、全てにおいてフォローする必要がある。Googleで調べてみても、旦那の理解不足・非協力による、夫婦の不和の記事がたくさん出てくる。旦那は仕事がある人が多いと思うが、一番大切なものを守れるようにしたい。