PC・ソフトウェア関連や、旅行・留学の記録を綴った備忘録

那須高原「モンゴリアビレッジ テンゲル」の記憶

もう2年ほど前になりますが、何か刺激的な所に泊まりたいなぁと色々探し、モンゴル「ゲル」に泊まれるという情報を発見。
そういうことで那須高原の「モンゴリアビレッジ テンゲル」に行ったのです。
最近テレビでやってて思い出しました。入籍してすぐの旅行で泊まった思い出の場所です(当時はなかなか尖っていたのかもしれません…)。
 
 
那須塩原駅もしくは黒磯駅から車で20分くらい。
レンタカーがないと厳しい場所ですが、施設の人が駅まで迎えに来てたのでよかったです。
 
施設中にはゲルが20くらいあったでしょうか。
思ったより広い敷地内にたくさんのゲルが並んでおりました。
 
ゲルの中はベッド2 or 3台、テレビ、冷蔵庫など必要なものは揃っています。
トイレは本館のトイレを使用します。ゲルの場所によっては少し歩かないと行けないですが、それほど遠くないので問題ないかと。
 
本場のゲルがよくわからないけど、柄がなんとなくモンゴルちっく。
きっとモンゴル感味わえると思います!
暖房・冷房あるので夏でも冬でも大丈夫。
 
夕飯は室内バーベキューを楽しむことができます!
本館の普通のレストランで鉄板焼きです。那須の牛が美味しい。
 
風呂は温泉施設があります。ちゃんとした那須の温泉です。
露天風呂からは夜空を眺めることもでき、とてもいい印象だった記憶があります。
 
おすすめは焚き火です。
500円くらいかで(忘れましたが)夜に、焚き火ができます。たしかスタッフの人が、火をつけてくれて、薪がなくなるまでできたような。
マシュマロもくれました。個別にホットワインなんかも買えるので、
マシュマロ焼いて、ホットワイン飲みながら、夜空の下で焚き火をするのもいいものです。
 
また行きたいなぁ。