PC・ソフトウェア関連や、旅行・留学の記録を綴った備忘録

サンフランシスコ旅行

サンフランシスコの滞在記と観光

 
数年前、サンフランシスコに1週間滞在した時のことを思い出そう。
 
季節:冬(12月)
宿:3人相部屋(一人一泊4000円くらい)@サンフランシスコ市内
 
 

注)サンフランシスコの治安が悪いエリアについて

サンフランシスコにはテンダーロインと呼ばれる治安の悪いエリアがある。いわゆるスラムだ。そのエリアに入った瞬間、人の層が変わる。
路上で寝てる人や麻薬のせいかラリってるような人もいる。匂いも嗅いだことない強烈な匂いがするところもある(麻薬らしい)。
私たちは宿を誤ってギリギリこのエリアにとってしまったため、毎日怖い思いをした。ベットによくわからないつぶつぶが落ちていたのも覚えている(何かはわからないし、考えたくもない)。
滞在する人は注意したい。
 
 
 
 

<観光 サンフランシスコ市内> 

ショッピング

大都会だけあって様々なショップがある。日本で見るようなメーカーの直営店やデパートもある。私が訪れたのはクリスマス前だったため、多くの店がクリスマスセールをやっていた。
私は身長185cm体重70kg程度と日本人としては大きく、日本でなかなかサイズのあう服に巡り会えないのだが、アメリカでは私などSかMサイズがぴったりでとてもテンション上がったのを覚えている。調子に乗ってシャツやセーターなど買ったが、どちらも10ドル程度とお買い得だった。
体型のため日本で自由に服を買えない方はぜひアメリカで買うものオススメである。
 

マーケット

週末は海辺のフェリー乗り場前で大きなマーケットが開催される。生鮮食品や加工食品、アクセサリー、お土産物まで多数のお店が出店される。
見たこともない野菜や掘り出し物が見つかるかもしれないので、思い出したら寄って見ると面白い。
 

 

中華街

市内に突然中華街が現れる。治安などは問題なく普通に歩ける。突然のアジアンテイストな感じは、人種のるつぼと呼ばれるアメリカらしさを感じる。
 
 
サンフランシスコジャイアンツの本拠地がある。
この時は残念ながらオフシーズン。
 

 

フィッシャーマンズワーフ

路面電車でもいいし歩いてでもフィッシャーマンズワーフまで行ける。有名なので一度は行って良い。たくさんのグルメを楽しめる。
 

ゴールデンゲートブリッジ

とりあえず綺麗な橋である。名所。
 

<観光 サンフランシスコ郊外>

ナパバレー

サンフランシスコ市内から車で1時間くらいのところにナパバレーという世界的に有名なワイン畑があり、多数のワイナリーがひしめき合う。
各ワイナリーでは無料・有料あるがほとんどで試飲ができる。試飲に20ドルくらいするところももちろんあるが、それでも有名なワインが飲めるとあって人気だ。
日本でも買うことができるが、現地で買うよりも2倍くらいするという噂なので、そういったワインが飲めるのが嬉しい。
私は6本購入し、友人と合わせて12本購入した。友人は以前ザックにワインを入れて飛行機で持ち帰って、3本中2本割った経験があることから今回は12本まとめて郵送することにした。
ワイナリーで国際郵送ができたか忘れたが、私たちは確かサンフランシスコ市内の日航ホテルで送ってもらった。
日航ホテルには日本語を話せるスタッフがおり、観光案内などしてもらった。どこへいったらいいかわからない人などにはオススメである。
郵送費は12本で約1万円程度であっただろうか。郵送費には目をつぶる。
ワイン用の広大なぶどう畑
 

郊外南部(Google本社、スタンフォード大学など)

市内中心部から電車で1時間くらいのなんとかという駅で降りちょっとするとGoogle本社が見えてくる。
私は行った日が土曜日だったので閑散としていたが、世界のGoogleを感じることができた。あのロゴやロゴカラーの自転車がその辺に置いてあり、自由に使用できた。観光名所なのかはわからないが、好きな人は行ってみても面白い。
 
また、そのあたりまで来ると近くに(要車だが)、世界的に有名な私立のスタンフォード大学がある。
敷地は広大でどこからどこまでが大学かわからないくらいだった。こちらも土曜日のため人は少なかったのが残念だが、古くからの伝統ある雰囲気を感じることができた。
大聖堂では結婚式が執り行われており、このような点も日本とは違うなぁと思った。東大とか慶応とかで結婚式やらないもんね。
 

ミュアウッド

市内から車で1時間ほどでミュアウッドと呼ばれる「でかい杉林」に行った。
一本一本の杉が日本で見るような杉とは比べ物にならないくらいの大きさで、世界一の杉林と言われている。人気のようで地元の人や観光客など多くの人が来ていた。
ちょっとしたハイキングもできるくらいの大きさで山全体がミュアウッドと呼ばれているのだろうか。
旅行社に申し込めば市内からは車で送り迎えしてもらうことができ、確か一人60-70ドルくらいだっただろうか(忘れた)。都会の喧騒からかけ離れた空間は心のリフレッシュに良いと思った。